意外と知らない? 太刀と打刀の違い

誰もが疑問に思うであろう、太刀と打刀の違いを簡単に解説したいと思います。

広告
美術館などで刀を見たとき「こんなに長いのに打刀なの?」「こんなに短いのに太刀なの?」と思った経験はありませんか?
日本刀を観賞していると、誰もが疑問に思うであろう、太刀と打刀の違いを簡単に解説したいと思います。

早速ですが、これをご覧になっている方は、短刀、脇差、太刀、打刀という基本的な日本刀の区分けは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
実は、現在は下記のような区分けになっています。日本刀(サイズ色々)_.png

えっ、打刀や太刀の長さは決まっていないの? と思ったそこのあなた。画一的な決まりはあれど、実は長さでの区分は日本刀にとってあまり意味がありません。

何故か? そもそも日本刀の種類は、今突然決まったものではなく、歴史と共に変化して来たからです。

考えてみると、皆さん大好きな三日月宗近や鴬丸が大活躍したであろう平安末期に、いわゆる打刀というものは存在しません

ざっくりと日本刀の歴史を見てみましょう。

平安~鎌倉初期頃 度重なる蝦夷侵攻や乱により馬上戦闘用の武器需要が増し、湾刀(反りのついた刀)、いわゆる太刀の姿が確立。
鎌倉 太刀全盛期。鎌倉幕府の成立により武士の時代が訪れ、モンゴル侵攻に対応するため豪壮な太刀が増える。
南北朝 南朝北朝の戦により鎌倉時代から発達した豪壮な太刀が、さらに異様なまでに長大になっていく。
室町 槍鉄砲の台頭により馬上戦が廃れたことで、太刀から打刀の時代へ。
安土桃山 戦国時代の戦乱の終焉と共に、新刀と呼ばれる新しい刀が作られ始めた。また、脇差と打刀の大小セットが流行る。
江戸 幕府により帯刀する刀の最大寸法が決められ、長過ぎるような太刀は磨り上げ(短くすること)され、太刀→打刀に変化する。

また、太平の世にあって武器としての需要が低下し、技巧をこらした絵画的な刀が好まれるようになる。

つまり、便宜上打刀と呼ばれるものは、室町時代に入って以降、徒歩で戦うのに適するよう作られた刀のこと。もしくは、それに合わせて磨り上げされた元太刀のことなのです。圧切長谷部などが有名ですね。

一方太刀は馬上戦全盛期の平安時代~南北朝時代頃までに作られ、いわゆる反りが強い、馬上で使いやすい形状です。よくモチーフになる元寇の戦いなどでは、武士が大鎧に太刀を構えていたりする絵を見かけると思います。

まとめると、長さではなく、用途や作られた背景に由来するために、何cm以上なら太刀と言う区分はあまり意味が無いのですね。

ただし! へえーそうなんだと思って美術館に行くと、首を傾げることになるかも知れません。

というのも、どの区分に従って展示をするかは美術館に一任されるからです。これは60cm未満なのに刀なの? とかその逆も見かけることがあるのではないかと思います。

後付で長さの区分を設定したために、作られた当時の意図に合わず、このようなことが起きています。

では、見分け方はあるのでしょうか。
少なくとも展示品を見る場合、以下のような差異が見受けられるかと思います。

太刀
刃が下になるよう置いている
反りが強い
太刀拵が付属
作られた時代が南北朝以前
打刀
刃が上になるよう置いている
反りが浅い
大磨り上げされている
打刀拵が付属
作られた時代が室町以降

最終的には美術館の見解を取るのも良し、自分はこう思うと捉えるのも良し。大事なのは、いつか自分なりの考えを持って日本刀を解釈することかなと思います。

磨り上げやその見分け方については、また今度取り上げます。

あなたの日本刀観賞がより楽しくなりますように。


監修:刀剣座談会様 執筆:へび

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中